カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
天然素材にこだわり作り上げた”和紙のぬくもり”をお届けします!

高岡丑製紙研究所

もっと和紙を使えば楽しくなる

高岡丑製紙研究所

環境に優しい天然素材への積極的取り組み
 千余年の歴史を誇る土佐和紙の伝統、先代の築いた特許、実用新案の技術を基に、清流仁淀川の恵みをうけながら丁寧に作りました数多くの製品の販売を行っております。
 土佐和紙には、忘れていた懐かしいあのころが漉かれています。
 是非、一度ご使用してみてください。”何かを思いだすかもしれません”

【製品の特徴】
 他社とくらべ、柔らかく、簀の目無し(980mm幅)の抄紙機で製造した和紙は縦と横の強度差があまりないので使用範囲が広がります。
 また、弊社の地球釜で煮た未晒し楮を使用した和紙は他社には無い独特の色合いが有り、いろんな分野で使用され支持されています。

【沿革】
 昭和32年 丑太郎氏、長網式抄紙機に於ける網振動装置 発明(特許230849号)
 昭和35年 紙精砕装置(特許265098号)
 昭和36年 紙料繊維の解離及び精製法(特許270342号) 長網式抄紙機に於ける湿紙の移送装置(特許272258号)
 昭和37年 紙料精選用(特許290749号) 繊維を紙料とする薄葉紙の抄造装置(特許293550号)
 昭和42年 和紙の抄造装置(実用新案827401号)
 平成05年 新社屋改築 平成14年 東京ギフトショーに出展
 平成15年 東京ギフトショーに出展(この年に公開された映画”ラストサムライ”の障子紙に使われる)

和紙と暮らす

和紙と暮らす
和紙と暮らす和紙と暮らす
和紙と暮らす和紙と暮らす